東京セッション2

S55

Understanding Crowdwork in Many Domains

222
Apparition: Crowdsourced User Interfaces that Come to Life as You Sketch Them
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702565
クラウドソーシングで、リアルタイムにデザインプロトタイプを支援するためのシステム。画面にリアルタイムにクラウドワーカーの作業状況が表示し、作業調停するためUIを実装。UI制作テストを行い有効性を検証。
223
Zensors: Adaptive, Rapidly Deployable, Human-Intelligent Sensor Feeds
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702416
クラウドソーシングにより任意用途の画像センサを実現。定点カメラ映像をクラウドソーシングへ投入、質問に対する回答をセンサ値として利用。機械学習との比較を定期的に行い、コストを押さえるようにスイッチする。
224
Exploring Privacy and Accuracy Trade-Offs in Crowdsourced Behavioral Video Coding
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702605
映像へのタグ付け作業をクラウドソーシングで依頼する際に、プライバシーを守りながら精度を確保するため、映像にぼかしを加えてプライバシーと、クラウドソース出力の精度のトレードオフを検証した。
225
Crowdsourcing Stereotypes: Linguistic Bias in Metadata Generated via GWAP
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702151
写真に対するクラウドソーシングでのタグ付けで、特に男性、女性の被写体に対する言語的表現の偏りは存在しているのかを調査。女性の写真には主観的な形容詞タグ、男性は仕事などの客観的立場のタグが多かった。

S57

Sharing & Collaboration @ Work

215
MUBox: Multi-User Aware Personal Cloud Storage
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702233
既存のクラウドストレージを拡張して変更履歴や、ファイルが過去どこにあったかを徹底的に可視化。めちゃくちゃになりがちな複数人でのクラウドストレージでの共同作業を円滑に行えるようになった。
216
DocuViz: Visualizing Collaborative Writing
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702517
Google Docsの編集履歴を時系列、編集者によって可視化する技術を実装した。使ってみたところ、学生の課題と政府関連の報告書で全く違う共同作業のパターンが見られた。
217
Communication through Boundary Objects in Distributed Agile Teams
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702366
ユーザー中心設計とアジャイル開発を混合したプロジェクトで、開発者やデザイナーなど異なる専門の人々が意思疎通に使える「境界オブジェクト」の実態を調査。ユーザーストーリーは役立っていたが、ユーザーを反映させるのは難しかった。
218
How to Drive a London Bus: Measuring Performance in a Mobile and Remote Workplace
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702307
ロンドンバスにセンサーを取り付け、ドライバーの成績を計算・可視化するシステムと、ドライバーがどう関わっていたかのインタビューと観察。競争が行われたりする一方で、精度の問題や職場特有の攻略法も生まれた。

S61

Telepresence Video, Robots, and Walls

273
ImmerseBoard: Immersive Telepresence Experience using a Digital Whiteboard
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702160
274
Accuracy of Deictic Gestures to Support Telepresence on Wall-sized Displays
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702448
275
Can You See Me Now?: How Field of View Affects Collaboration in Robotic Telepresence
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702526

S63

Tangible Interaction with Phones

249
Acoustruments: Passive, Acoustically-Driven, Interactive Controls for Handheld Devices
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702414
250
HaptiCase: Back-of-Device Tactile Landmarks for Eyes-Free Absolute Indirect Touch
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702277
251
The Trial of Bendi in a Coffeehouse: Use of a Shape-Changing Device for a Tactile-Visual Phone Conversation
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702326
252
SpecTrans: Versatile Material Classification for Interaction with Textureless, Specular and Transparent Surfaces
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702169

S68

Digital & Materials Fabrication

280
Foundations of Materials Experience: An Approach for HCI
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702337
281
PaperPulse: An Integrated Approach for Embedding Electronics in Paper Designs
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702487
282
Data-Things: Digital Fabrication Situated within Participatory Data Translation Activities
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702245
283
Being the Machine: Reconfiguring Agency and Control in Hybrid Fabrication
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702547

S69

Quantified Self for Humans & Pets

302
Change of Heart: Emotion Tracking to Promote Behavior Change
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702196
303
Beyond Self-Tracking and Reminders: Designing Smartphone Apps That Support Habit Formation
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702230
304
Problematising Upstream Technology through Speculative Design: The Case of Quantified Cats and Dogs
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702260
305
Re-Centering Multispecies Practices: A Canine Interface for Cancer Detection Dogs
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702562

S70

Visualizing Statistics & Graphs

306
(s|qu)eries: Visual Regular Expressions for Querying and Exploring Event Sequences
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702262
図は、架空のショッピングサイトのログを入力にした際の視覚化で、左はユーザの購入活動を調べるられるようになっており、右は顧客の地理的な位置を見る事ができるようになっています。
307
Statsplorer: Guiding Novices in Statistical Analysis
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702347
本論文の目的は、初心者解析者が統計解析を学習するのを支援することで、Statsplorerを作成し、評価しています。Stasplorerはオープンソースであり、ダウンロードできるようになっています。
308
Investigating the Direct Manipulation of Ranking Tables for Time Navigation
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702237
本論文では、表とラインチャートを一緒に表示するシステムが提案されています。セルをドラッグするとラインチャートが表示されます。ラインチャートに沿ってマウスをドラッグすることで、背後の表が更新されていきます。
309
Dynamic Opacity Optimization for Scatter Plots
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702585
本論文では、散布図が不明瞭になるのを改善することを目的としています。散布図はデータが増えすぎると、点が打たれすぎてしまうという欠点があります。
310
Evaluating How Level of Detail of Visual History Affects Process Memory
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702376
本論文では、視覚的な履歴支援の存在と視覚的な詳細レベルの変化が、プロセスメモリ(記憶)にどのよう影響するのかを評価しています。

S72

Tactile Notifications for Phones & Wearables

284
OmniVib: Towards Cross-body Spatiotemporal Vibrotactile Notifications for Mobile Phones
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702341
振動による通知の認識率を体の部位ごとに調べた研究。3x3の振動子を腕、手、腰、太ももに装着し位置パターンもしくは振動子を任意の方向に振動させ認識率を調査した。位置パターンよりも振動方向による認識の方が認識率が高かった。
285
NotiRing: A Comparative Study of Notification Channels for Wearable Interactive Rings
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702350
通知用ウェアラブルデバイスにおける様々なモーダルの有用性を調査した。光、音、振動、突っつき、温度で通知をするリング型デバイスを実装した。その結果として振動、音、突っつき、光、温度の順で反応速度が速いという結果が出た。
286
Skin Drag Displays: Dragging a Physical Tactor across the User's Skin Produces a Stronger Tactile Stimulus than Vibrotactile
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702459
腕の皮膚をひっぱる事で通知する腕時計型デバイスを実装した。振動による通知と本デバイスによる通知を様々なデバイスの動きで比較し、エラー率を調査した。その結果、本デバイスは振動による通知よりもエラー率が低いことがわかった。
287
Cruise Control for Pedestrians: Controlling Walking Direction using Electrical Muscle Stimulation
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702190
筋肉を電気で刺激することにより歩行者の進行方向を誘導するナビゲーションシステムを提案した。電気刺激の歩行への影響を調査し、その結果に基づきデバイスを実装した。また、屋外の実験により有効性や問題点を示した。
288
Affordance++: Allowing Objects to Communicate Dynamic Use
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702128
筋肉への電気刺激によりユーザーの手を動かし、動作の手がかりを与えるデバイスを実装した。例えば明かりを点けるべき場合はスイッチの場所に手を誘導する。この手がかりにより被験者が行うべきことを理解できるかどうかの実験をした。

S74

Automation and Interactive Feedback

289
Automation Surprise in Aviation: Real-Time Solutions
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702521
290
The Role of Environmental Predictability and Costs in Relying on Automation
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702609
291
An Architecture for Generating Interactive Feedback in Probabilistic User Interfaces
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702228
292
IDSense: A Human Object Interaction Detection System Based on Passive UHF RFID
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702178
電源を必要としないUHF帯RFIDを使用することで物体に対する人の行動を検知した。物体を回しているか移動させているかを区別する程の精度は得られなかった。

S75

Wellness & Wearables

333
Snot, Sweat, Pain, Mud, and Snow: Performance and Experience in the Use of Sports Watches
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702482
持久力系スポーツのアスリートにインタビュー。ウェアラブルデバイスで計測できるものと同時に、計測できないアスリートの感覚や体験をも記録できるものが望まれている。
334
Contextual Influences on the Use and Non-Use of Digital Technology While Exercising at the Gym
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702384
スポーツジムのユーザはどうスマートデバイスと付き合っているか現地インタビュー。運動中の情報提示の有る無しについては人やエキササイズの種類に依る。細かくカスタマイズできるデバイスを設計しなければいけない。
335
TastyBeats: Designing Palatable Representations of Physical Activity
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702197
And he's going to do that.". He caught 66 passes (third most in school history) for 979 yards (Jordan 6 Low Infrared 23 for sale http://ka.space2u.com/UserFiles/news/instyleshoes.asp
336
As Light as your Footsteps: Altering Walking Sounds to Change Perceived Body Weight, Emotional State and Gait
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702374
歩行時の足音を変更させてフィードバックさせるとどうなるか。足音の高周波成分を増幅して提示してやると、あたかも痩せたように感じられる。それによりポジティブ覚醒状態にシフトして、踵の接地時間すらも変わる。

S76

Task Interruption & Resumption

337
SwitchBack: Using Focus and Saccade Tracking to Guide Users' Attention for Mobile Task Resumption
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702539
スマートフォンのフロントカメラから瞳の横の動きとサッケードを検出し,読んでいる文書の情報と人の読書速度を考慮することで,自動で読んでいる箇所をトラッキング可能。読書時に中断されても,復帰時にさっき読んでいた箇所を提示可能
338
EyeBookmark: Assisting Recovery from Interruption during Reading
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702340
読書中の視線情報を用いた、割り込みからの復帰支援。見ていた所をハイライト表示する手法で、複数のハイライト手法を比較実験。読んでいた語を含むセンテンスをハイライト表示する手法が最も高評価。復帰にかかる時間は有意に減少。
339
The Effects of Chronic Multitasking on Analytical Writing
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702367
慢性的なマルチタスクがもたらす影響を調査。慢性的なマルチタスク型の人は、主タスクと関連のある情報を提示されると上手に関連付けてまとめられる。しかし、関連のない情報には惑わされがちになる。
340
What Makes Interruptions Disruptive?: A Process-Model Account of the Effects of the Problem State Bottleneck on Task Interruption and Resumption
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702156
タスク割り込みから復元時までの,新たな認知モデルMemory-for-problem-statesを構築。既存のモデルでは説明できなかった問題を,problem-statesを用いた説明を提案し,実験で立証
341
Interruptibility of Software Developers and its Prediction Using Psycho-Physiological Sensors
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702593
ソフトウェア開発者に対して,生体センサを用いて「今なら話しかけてもいいよ」タイミングを自動で判別する手法の実装と評価。良いか悪いかの2状態は高確率で判定可。間を持たせた5状態では十分な精度はでなかった。

S77

Kids Social, Emotional & Special Needs

319
Designing Social and Emotional Skills Training: The Challenges and Opportunities for Technology Support
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702385
セルフコントロールのレッスンにおいてどのように技術的支援をしていくか検討した.カリキュラム開発者やレッスン担当者にインタビューを行い,練習用の設備,親たちへの宣伝ツール,開発者へのフィードバックの側面から支援を提案した.
320
Designing Autism Research for Maximum Impact
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702471
論文の調査と経験から自閉症児の研究の方法論を探る.①被験者を選別する時にはDSMなどの標準的な診断基準や診療結果を基にする.②小さな実験条件が本質的な結果を妨げている場合がある.③各被験者の特性によって臨機応変に対応する
321
Networked Empowerment on Facebook Groups for Parents of Children with Special Needs
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702324
特別な支援が必要な子供を持つ親45人にSNSの活用についてインタビューした.結果から,SNS上のNetworked Empowermentのモデルを考案し,エンパワーメントしやすいSNSデザインを提案した.
322
Toward 3D-Printed Movable Tactile Pictures for Children with Visual Impairments
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702144
触れる仕掛け絵本 https://goo.gl/5pr5lP ワークショップ,プロトタイプを経てニーズを把握.XMLベースの仕掛け記述言語. 既存の絵本を変換,評価.専門家「視覚障害児の物事の理解,集中力持続に効果期待」
323
Multimodal Analysis in Participatory Design with Children: A Primary School Case Study
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702475
いじめを阻止するヒーローを小学生が協同でデザインした.各グループはデザインしたものを工作で表現し,プレゼンした.社会記号論に基き,それぞれについて分析した.複数の側面からアイデアを理解することで記号化しやすくなる.
324
The Fun and the Serious in an Educational Game: The Monkey Tales Case
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702519
算数が身につくコンピューターゲームであるMonkey Talesについて,教育的側面と楽しさのバランスがどのように成り立っているか考察する.販促資料,レビュー,ユーザー親子の会話のそれぞれについて,談話分析を行った.

S78

Understanding Everyday Use of Mobile Phones

311
Demand in My Pocket: Mobile Devices and the Data Connectivity Marshalled in Support of Everyday Practice
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702162
312
An In-Situ Study of Mobile App & Mobile Search Interactions
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702486
313
The Composition and Use of Modern Mobile Phonebooks
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702182

S79

HCI for Civic Engagement

325
HCI, Civic Engagement & Trust
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702255
スマートフォンで高速道路の壊れている箇所を市民が報告できるようにするプロジェクトについて。失敗に終わってしまったのは、信頼性への疑問と、元々の修繕プロセスとうまく合わなかったから。
326
Factful: Engaging Taxpayers in the Public Discussion of a Government Budget
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702352
予算に関するニュース記事を、実際の予算の公開データとともに提示し、議論を促すサービスを作った。記事を読みやすくなり、議論だけでなくデータの検証など様々な参加の形態が生まれた。
327
Contesting the City: Enacting the Political Through Digitally Supported Urban Walks
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702176
市民参加型の都市計画の方法の1つである街歩きを支援する技術を、反復型デザインで開発した。適切に情報を提示できるようになり、街について知り、問題点を発見し、議論を深めることに成功した。
328
Data-in-Place: Thinking through the Relations Between Data and Community
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702558
地域に関するデータの生産や使用と、地域との関連を調査。社会的伝統、交通量、世論調査などを街に提示していくことで、様々な社会参加の方法を模索した。

S80

Security Feedback & Warnings

329
Scaling the Security Wall: Developing a Security Behavior Intentions Scale (SeBIS)
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702249
330
How Polymorphic Warnings Reduce Habituation in the Brain: Insights from an fMRI Study
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702322
331
Improving SSL Warnings: Comprehension and Adherence
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702442
332
A Spoonful of Sugar?: The Impact of Guidance and Feedback on Password-Creation Behavior
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702586

S81

GUI Size, Resolution & Layout

314
Effects of Display Size and Resolution on User Behavior and Insight Acquisition in Visual Exploration
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702406
データサイエンティストは巨大なディスプレイ環境で視覚探索をしたりする。その画面サイズや解像度を変えたときに、ふるまいや知識発見は変わるのかを検証した。大きなディスプレイの方が総合的により多くの知見を得られるが、そのぶん時間はかかり、時間的な効率がいいとまでは言えない!
315
Subjective and Objective Effects of Tablet's Pixel Density
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702390
タブレットでの解像度、結局どのくらいあればいいの?高解像度のタブレットを用意し、4・9・16ピクセルを固まりとして使用することによって解像度の違いを実現。結果として、画像タスクや映像タスクでは解像度の影響はなくテキストタスクのみ高解像度が必要ということに。
316
Push-Edge and Slide-Edge: Scrolling by Pushing Against the Viewport Edge
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702132
テキスト領域を下に選択していくと、カーソルがウィンドウ外に出て自動スクロール(下にいくほど加速)のが従来手法。Push-Edgeはカーソルがウィンドウ外に出ずそのぶん手動スクロール。テキストの特定領域を選択させるタスクをやって検証。いきすぎを防いで従来より優れた結果に。
317
Investigating Visual Feedforward for Target Expansion Techniques
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702375
ポインティングにおける「フィードフォワード機構」(フィードバックの逆)に着目。Rope Cursor, Bubble Cursor, Target Enlargement, eVTE, Cell Painting, MTEを整理して提示特徴を比較。評価実験も実施。
318
GACA: Group-Aware Command-based Arrangement of Graphic Elements
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702198
グループに着目し、もっと意図通りの整列・配置を実現!プッシュピンで不動オブジェクトを指定も可能。直観性の評価をテストで行い、さらに複雑な整列タスクについて従来手法と比較。手数や遂行時間、アンドゥ回数などで 従来手法に圧勝!

S82

Using Random Body Parts for Input

342
iSkin: Flexible, Stretchable and Visually Customizable On-Body Touch Sensors for Mobile Computing
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702391
343
Cyclops: Wearable and Single-Piece Full-Body Gesture Input Devices
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702464
344
Bodyprint: Biometric User Identification on Mobile Devices Using the Capacitive Touchscreen to Scan Body Parts
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702518
345
NailO: Fingernails as an Input Surface
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702572
346
Exploring Subtle Foot Plantar-based Gestures with Sock-placed Pressure Sensors
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702308

S83

Understanding Health through Online Behavior

364
Recognizing Depression from Twitter Activity
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702280
365
You Tweet What You Eat: Studying Food Consumption Through Twitter
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702153
366
Rethinking the Mobile Food Journal: Exploring Opportunities for Lightweight Photo-Based Capture
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702154
367
Collective Sensemaking in Online Health Forums
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702566

S84

Natural User Interfaces for InfoVis

368
Opportunities and Challenges for Data Physicalization
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702180
369
Exploring Interactions with Physically Dynamic Bar Charts
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702604
370
Evaluating the Memorability of Physical Visualizations
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702248
371
Personality as a Predictor of User Strategy: How Locus of Control Affects Search Strategies on Tree Visualizations
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702590
372
SketchSliders: Sketching Widgets for Visual Exploration on Wall Displays
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702129

S85

HCI at Home

352
Investigating Genres and Perspectives in HCI Research on the Home
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702540
353
Building Change: Constructive Design of Smart Domestic Environments for Goal Achievement
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702602
354
uCap: An Internet Data Management Tool For The Home
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702218
355
Mediating Attention for Second Screen Companion Content
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702278

S87

Voting & Volunteerism

356
Social Media Effectiveness for Public Engagement: Example of Small Nonprofits
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702557
小規模NPOでのソーシャルメディアの利用をインタビュー調査した。環境NPOが持つ情報や教育リソースを広めたり、質問や議論を促してコミュニティ形成をしたり、イベントへの参加や投資などを促していた。組織による違いも見られた。
357
Exploring Barriers to the Adoption of Mobile Technologies for Volunteer Data Collection Campaigns
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702378
ボランティアによるデータ収集が、非営利団体の活動を支援することについてのケーススタディ。質の保証、技術と活動の関連、ボランティアの関わり方、データを利用につなげる物語が重要だと示唆された。
358
Everyone Is Talking about It!: A Distributed Approach to Urban Voting Technology and Visualisations
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702263
ストリートの各店で投票デバイスの設置や投票結果の可視化を行い、公共的な場を作って議論を活発にした。デバイスや可視化が分散されていることが重要だった。
359
Design Challenges in Supporting Distributed Knowledge: An Examination of Organizing Elections
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702458
選挙を運営するチームが、技術を使いながら専門家やボランティアを知識や情報でつなげていく様を調査。大量の知識が法律や選挙などの専門家を飛び交う、ダイナミックな知識の流通が行われていた。

S89

Software Engineering Tools

349
StructJumper: A Tool to Help Blind Programmers Navigate and Understand the Structure of Code
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702589
350
An Interactive System for Data Structure Development
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702319
351
Polymorphic Blocks: Formalism-Inspired UI for Structured Connectors
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702302

S93

Interactive & Multi-Surface Maps

404
TerraGuide: Design and Evaluation of a Multi-Surface Environment for Terrain Visibility Analysis
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702480
405
Lightweight Relief Shearing for Enhanced Terrain Perception on Interactive Maps
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702172
406
An Evaluation of Interactive Map Comparison Techniques
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702130
407
Ethermap: Real-time Collaborative Map Editing
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702536

S98

Programming Environments

386
Constructing Conceptual Knowledge Artefacts: Activity Patterns in the Ontology Authoring Process
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702495
オントロジーは便利!すごい!でも、これまでの評価実験はエンドユーザ対象でシンプルなタスクしか扱わないか少数のエキスパート対象の質的な調査でバイアスがあった。データドリブンにやろう。 http://www.slideshare.net/markel_vigo/chi2015
387
Helping Users Bootstrap Ontologies: An Empirical Investigation
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702433
オントロジーを一から作り始めるのは大変。プログラミングでいうところのテストケースから入力値を推測したり、コード補完したりするような手法で支援。 https://www.youtube.com/watch?v=VXlMYyL3g20
388
A Spreadsheet Model for Handling Streaming Data
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702587
スプレッドシートを利用したプログラミングツールで時系列データを扱いやすくした。定期的に更新されるデータを容易にグラフ化できるようにしたり、SELECTBYTIME文を使えるようにした。 http://www.cs.cmu.edu/~shihpinc/gneiss.html
389
TextAlive: Integrated Design Environment for Kinetic Typography
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702140
Kinetic Typography制作は手間がかかるし再利用性が低かった。発声タイミング自動解析して、動きはプログラムで表現するようにした統合制作環境を提案。 http://junkato.jp/ja/textalive
390
Power, Empowerment and Open Source Usability
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702441
オープンソースの世界は参加型平等主義?否、権力や政治力が重要な役割を果たす。5プロジェクトに学生チーム突っ込んで分析。ユーザビリティチームが積極的に意思決定に関わらないと使いづらいOSSが跋扈する現状は変わらない。

S101

Interacting with Floors & Situated Displays

438
BaseLase: An Interactive Focus+Context Laser Floor
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702246
レーザーとミラーを使うことで、75平米もの広い床面をインタラクティブ化。ユニット一つを中央に設置するだけなので設置が楽。 https://www.youtube.com/watch?v=-aGjUhkK-vY
439
Ergonomic Interaction for Touch Floors
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702254
床インタラクションを立ったまま全て足でやるのはしんどいので姿勢を変えながら使いたい。姿勢に合わせたUIの最適化と自然な遷移についてhttps://www.youtube.com/watch?v=jC4BbqfovGc
440
Display Blindness?: Looking Again at the Visibility of Situated Displays using Eye-tracking
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702150
ショッピングモールで買い物をしている最中のパブリックディスプレイの見方について、モバイルアイトラッカーを使って詳細に調査した https://www.youtube.com/watch?v=1rCsFzcXP2c
441
Detecting User Intention at Public Displays from Foot Positions
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702148
パブリックディスプレイに向かう人の足の向きの情報を使うことで、ちょっと興味を持って立ち止まっている人としっかり情報を調べたい人を高精度で識別でき、最適な情報提示を行うことができた (note, 動画無し)

S106

MOOCS & e-Learning

417
Providing Adaptive Support in an Interactive Simulation for Learning: An Experimental Evaluation
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702424
制約充足問題の詳細は人工知能の教科書などを参照. 動画は https://www.youtube.com/watch?v=gyzVerduLLk
418
Interactive Cloud Experimentation for Biology: An Online Education Case Study
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702354
ちなみにモジホコリに迷路の最短経路を「計算」させる研究もあり,これは2008年にイグノーベル賞を受賞している.動画は https://www.youtube.com/watch?v=UV9Es86xT5k
419
Mining Memories: Designing a Platform to Support Social Media Based Writing
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702383
なお,カード作成の際に位置情報などはポストから切り離して別途カード化される.評価実験では「自分のデータのSparkfolio使用」「他人のデータのSparkfolio使用」「Sparkfolio不使用」の3条件で比較.
420
Wait-Learning: Leveraging Wait Time for Second Language Education
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702267
評価実験は出題タイミングについて「テキスト送信1.5秒後/テキスト入力開始直後」と「ランダム」の条件を1日おきに変更して行い,ランダム条件ではチャットウィンドウにフォーカス中の時とそれ以外でデータを分けている.

S114

Email & Social Media at Work

451
Lost in Email: Pulling Users Down a Path of Interaction
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702351
ついついメールを読んで時間が経ってしまう「メール迷子問題」を20参加者が2週間で調査。限られた注意しか向けられない状況で即座にメッセージに応答するときの緊張感を維持することの難しさが、メール迷子問題に大きく影響している。
452
Balancing Boundaries: Using Multiple Devices to Manage Work-Life Balance
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702386
仕事のためのICTを、仕事以外の時間でも使ってしまう。そのネガティブな効果を避けるために、家庭と仕事を分ける戦略を持つ必要性がある。人々は複数のデバイスを使って境界としている。BYODポリシーにも影響する。
453
Working 9-5?: Professional Differences in Email and Boundary Management Practices
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702537
曖昧な境界を持つ人(主に教員、研究者)と決まった境界を持つ人(事務職や司書など専門職)のメール使い方がまったく違う。人々は、仕事と私生活を区別するのに、マイクロ境界戦略、つまりメーラーやデバイスの使い分けで対応していた。
454
Inferring Employee Engagement from Social Media
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702445
従業員のSNSでの発言から言語分析で従業員エンゲージメントの測定をモデル化する。従業員の関与は努力裁量だが従業員の意欲の尺度であり、組織の成果に重要な役割を果たす。計測に必要な投稿の最小数は「1078 words」である
455
Mailing Lists: Why Are They Still Here, What's Wrong With Them, and How Can We Fix Them?
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702194
メーリングリストはまだまだ使われている。なんで? 2つのML(宿舎MLとラボML)に深くインタビューやアンケート調査し、加えて28のMLで幅広く調査したFacebook Groupと比べ、MLは仕事という感じ、確実に届き、読んでもらえる。

S115

Interacting with GUIs

480
Clutching Is Not (Necessarily) the Enemy
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702134
ポインティングタスクで,1セット目は自由に操作してクラッチ数を計測,2セット目はクラッチ無しの条件で実験.クラッチを意図的に避けようとしても操作全体の時間は変わらず,操作ミスをする頻度が高まる.
481
Visual Grouping in Menu Interfaces
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702177
メニューの分け方で探索時間は変わる? (1)グルーピングが意味がなく,ランダムだと遅い.(2)ランダムなのに枠線があるとより遅い.(3)1グループあたりの項目数が3個だと遅く, 6個だと速い.
482
Color Portraits: From Color Picking to Interacting with Color
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702173
カラーピッカーは25年間進化していないから,色の選択操作をリッチにしよう.多業種の色を決める作業を観察し,4種類のインタラクティブな色選択システムを実装.多くの事例調査を基にして最後に実装と評価をしたという流れ.
483
The Emergence of Interactive Behavior: A Model of Rational Menu Search
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702483
メニューから項目を選択するときの人間の振る舞いのモデルを提案.階層数や項目数,グループ分けなどのGUI設計,人間の知覚の制約(周辺視野の角度,注視点の移動速度など).速度と確度のトレードオフなどを導入.
484
Selective Undo Support for Painting Applications
http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702543
アンドゥする操作を選べるペイントツール.その操作を取り消したらどうなるかがプレビューされ,取り消したいときはチェックボックスを外す.アンドゥが他の操作に影響するときは,影響先の操作履歴が事前にハイライトされる.