発表資料作成要綱(北海道、東京共通)

発表資料提出期限

発表資料提出期限は6月19日(金)23:59(JST;日本時間)です。提出方法は【4】作成したスライドを幹事に送るを確認してください。

割り当て表記入後のスライド作成要領は下記の通りです。 こちらのPowerPointファイルを参考にしてください。

【1】論文データの取得

論文一覧で担当するセッションの論文(Paper, Note)を調べ、下記サイト(ACM Digital Library)から論文を取得してください。
http://dl.acm.org/citation.cfm?id=2702123

【2】Best paperかHonorable mentionかを調べる

担当のセッションの中にBest Paper AwardあるいはHonorable Mention Award (Best Paper Nominee)がある場合は発表時に伝えてください。

確認方法

論文一覧で下記アイコンが論文タイトルの後ろに表示されている場合は、BestあるいはNomineeです。

Best paper/Honorable mentionであるかどうかを調べるには以下のCHI2015のページを参照してください。
CHI2015 Full Schedule

Best Paper Awardの場合

をスライドに入れる。

Honorable Mention (Best Paper Nominee) の場合

をスライドに入れる。

【3】1枚のスライドにまとめる

PowerPointスライド1枚に論文の概要をまとめてください。用意するスライドの枚数は各セッションの論文数+セッションテーマ用スライド1枚になります(1セッションの論文数が3ならば、用意するスライドは4枚です)。当日は1論文30秒で発表していきますので、論文の核となる図や写真をスライドに載せるなど,概要がすぐ見てわかるスライドを作成してください。機器依存など問題も生じ易いのでモーション機能などの利用は避けてください。

記述事項

  • 論文タイトル
  • 著者+所属
  • 画像(これが非常に重要)
  • スライド本文には論文紹介やコメントを箇条書きでまとめる
  • Paper/Note(Long/Short)の種別
  • BestかNomineeかどうか(アイコンを論文種別の横に貼りつけるのがおすすめ)

こちらのPowerPointファイルを参考にしてください。

ぴぴつい連携

今年も栗原さん作のぴぴついを利用し、スライドの要約(論文タイトルとスライド本文)をTwitterで自動配信する試みを実施する予定です。 お手本スライドを参考に、論文タイトル、論文PDFへのリンク、論文の簡単な概要と感想などをスライドのノート欄に記入してください。

  • Tweetアカウントは xxxxx としておいてください。
  • 1ツイートが140文字を超えないように、こまめにツイートを分割してください。
  • 1ツイートごとにハッシュタグ(#chi2015j)をつけてください。
  • 論文PDFにアクセスしやすいように、デジタルライブラリで各論文ごとに付与されているDOIを入れてください。
今年は「ぴぴつい」ではなく、他の手段でツイートします。詳細は以下をご確認ください。

【4】作成したスライドを幹事に送る

発表資料提出締切は6月19日(金)23:59(JST;日本時間)です。今年はスライドをメールでお送り頂くのではなく、極力クラウドストレージサービスをご利用頂きたく、お願いいたします。

スライドのpptファイルの名前について

ファイル名は[セッション番号]_[担当者名].pptにして下さい。例えば 100_sakamoto.ppt のようにしてください。セッション番号は割り当て表一番左No列に書いてあります。

クラウドストレージサービスをご利用頂ける場合

以下のフォームから必要情報、およびスライドをダウンロードできるURLを入力してお送りください。
https://docs.google.com/forms/d/1WZ6ftvDOU7c36_XOhBEKtLcwXKIP9NlZvdRJKNs23z4/viewform

メールでの送信をご希望の場合

メールの件名を「【CHI勉強会】スライド提出」として、以下のメールアドレスにメールを送って下さい。
chi2015j@hci.tokyo

補足

なお、スライドの説明のときに論文に添付されていた動画などを再生したい場合は、このメールで動画URLと再生開始時分を教えてください。 例年この作業が大変なので、省力化のため動画紹介は削除します。動画を紹介したい場合にはツイッターをご活用ください。

【5】オプション:「日本語まとめ」の登録

2015年のCHI勉強会ではすべての論文タイトル、およびDOI(論文へのリンク)をツイートをいたします。さらにこれらの情報をウェブページで公開しようと思っています。

これに関しまして、昨年まで上記の情報を含めて論文の補足情報を「ぴぴつい」を利用して共有してきましたが、今年は別に「日本語のまとめ」を集めまして、上記情報と合わせてツイートして行こうと思っています。

理由は:

  1. 「ぴぴつい」で自動ツイートするのではなく、集められた情報を人力でツイートすることで、当日リアルタイムに情報を共有します。じつはこれまでも「ぴぴつい」を使うために専用のPCを用意して、発表スライドとは独立して運用していました(スライドを行ったり来たりするだけでツイートされてしまうので)。
  2. 集められた情報を後日ウェブページでまとめることで、一覧性を向上させます。 トゥギャッターを利用しても良いのですが、500件もの情報を扱うとなるとあまり使い勝手が良くないことが経験的にわかってきました。なので、見やすくまとめようと思います。例えば、こんなページを作成しようと思っています。

今回の補足情報の提供は強制ではありませんが、できるだけ多くの方にご協力頂ければ、勉強会の体験の価値向上になると思います。できるだけ多くの方々(できれば全員!)のご協力を頂ければと思っています。よろしくお願いします。

ご登録は以下のURLからお願いいたします。
http://hci.tokyo/seminar/chi2015/summary/